目は冷やすか温めるか

目は冷やす?それとも温める?目にいいのはどっち?
症状によっては、選択を間違えると目に悪影響を及ぼすことも‼

目は冷やす?それとも温める?目にいいのはどっち?症状によっては、選択を間違えると目に悪影響を及ぼすことも‼
画像素材:PIXTA

迷う人も多いのではないでしょうか

「疲れ目は、冷たいタオルで冷やすに限る」「いやいや、目はホットタオルでよく温めたほうがいい」。昔から両方の説があって、迷う人も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、目を冷やすのは、子どもでも大人でも“目に炎症が起きている”とき。具体的には、まぶたの手術をした後や、ものもらい(麦粒腫)ができて腫れたり痛みを感じたりしている場合です。炎症が起きているときに温めてしまうと、かえって炎症が悪化しやすくなります。

それ以外の場合は、基本的に目は温めるのが正解です。目が疲れた、目が乾く、結膜炎でもないのに目がかゆい、目やにが出る、ゴミなどが入っていないのに異物感があって目がゴロゴロする──こんなときは、目を温めることで症状が改善するケースが多いのです。

CS眼科クリニック院長の宇井牧子先生に、なぜ目を温めたほうがいいのか、その理由を聞いてみました。

「まつ毛の内側には“マイボーム腺”という脂の出口(開口部)があります。そこから分泌される脂によって、涙に脂のコーティングができることで、目が乾きにくいようにできているのです。ところが、なんらかの原因でマイボーム腺が詰まると、このシステムがうまく機能しなくなって、目がゴロゴロしたり、乾きやすくなったりします」

マイボーム腺


脂は、冷やすと固まる性質があります。目を冷やしてしまうと、脂が固まってマイボーム腺が詰まりやすくなります。そのため、目を温めることによってマイボーム腺の詰まりを解消し、脂が分泌しやすい状態にすることが推奨されています。医学的には“温罨法(おんあんぽう)”といわれ、温めることで血管を拡張させ、血流が増加して代謝を促したり痛みを緩和したりする効果があります。

目を温めるには、いくつかの方法があります。
《目のホットパック》

蒸しタオル

おしぼりサイズのタオルを絞って電子レンジなどで温め、目の上に当てます。そのままではすぐに冷めてしまうので、ポリ袋に入れて、さらに薄手のタオルなどでくるむといいでしょう。ヤケドに気をつけて、何回か取り替えながら目を温めます。

温熱アイマスク

温かい蒸気が出て目を温めるアイマスクが市販されています。40℃程度に温まる効果があり、安全に使用できます。

小豆カイロ

小豆を布の袋に入れて電子レンジで短時間温めて使います。手作りもできますが、市販品もあります。
「どんな方法でも、ホットパックで目を温めている間はものを見ることができませんから、目を閉じて静かにしていることになります。ゲームやスマホを見続けてしまう子どもにとっては、いやおうなく目を休ませる手段にもなるわけです。毎晩、寝る前に目を温めることを習慣にするとよいのではないでしょうか」(宇井先生)

また、同じ理由で、市販のメントールが配合された目薬もおすすめできません。清涼感があるので、目の疲れがとれるような気がしますが、逆効果である場合も多いようです。特に、子どもには刺激が強いので、使わないようほうがよさそうです。

人気記事

近視は治らない?

子どもを近視から救う?専門医が話す最新治療5選

  • ちなみに、メガネあるいはコンタクトレンズを使って、遠くのものにピントが合うようにすることはもちろん可能です。医学的には“屈折矯正”といいますが、それはあくまでも対症療法であって、近視の原因を取り除くものではありません。それどころか、かえって近視を悪化させてしまうケースがあることもわかってきました。 近年、広く行われるようになっている“レーシック手
  • 子どもを近視から救う?専門医が話す最新治療5選

近視の治療最前線

世界注目の近視の進行を抑える方法とは?〈前半〉急増している子どもの近視。治療のタイミングを逃さないで!

  • 点眼薬による近視の進行抑制治療 子どもの近視に関する研究は、特にアジア各国でさかんに行われています。日本をはじめ、韓国や中国などでは幼少期から近視になる子どもが多く、臨床研究でも、世界をリードしています。なかでもこの数年でさかんに行われるようになったのが
  • 世界注目の近視の進行を抑える方法とは?〈前半〉急増している子どもの近視。治療のタイミングを逃さないで!

関連記事

歩きスマホがなぜ悪いか子どもにきちんと説明できますか?

歩きスマホがなぜ悪い?眼科医たちが警鐘を鳴らす“目に映るものすべてが見えているわけではない”という事実!

  • 2007年に米アップル社のiPhoneが発売されて以降、加速度的に社会に浸透したスマートフォンは、2010年代に入ると一種のインフラに昇格し、私たちの生活から絶対に切り離せないアイテムとなりました。スマホのメリットについては、今さら言うまでもありません。でも、スマホ依存症や視力低下など、デメリットも次々と指摘されていることはご存知のとおり。“歩きスマホ”も、そんなデメリットのひとつです。往来を歩きながらスマホ操作する人が増え、人や車、建造物との接触、段差での転倒、駅のホームからの転落など、死傷事故が多発しています。

子どものメガネは視力がいくつになったら必要なの?

[クイズ]学校の視力検査で○判定が出たら、メガネを考えはじめたらいいでしょう。○には何が入るでしょうか?

  • 今回は、子どもにメガネをつくるタイミング、そして子どものメガネの理想的な度数について考えてみましょう。その前に、突然ですがクイズです。 「遮眼子(しゃがんし)」とは、いったい何でしょうか?いきなり難問と思われたかもしれませんが、実は誰もが一度は使ったことのある、おなじみのアイテムです。正解は……。視力検査で使う、片目を覆うスプーン状あるいはシャモジ状のアイツ。アレが遮眼子です。続いて、第二問(「続くんかい」というツッコミは無視して)。「ランドルト環」とは?この流れから、簡単に想像がつくかもしれません。正解は、そう!視力検査のマークのことです。検査表の上に並べられている、上・下・右・左・右上・右下・左上・左下のうち1箇所に切れ目の入った「C」のようなマーク。アレがランドルト環です。

PAGE TOP